« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年6月

2016年6月20日 (月)

初めての休講

5月末から毎週、教育実習訪問指導に行っています。
今年は10人で9校なので、調整は相当に難航しましたが、研究日だけでなく、会議日や授業日の空き時間も使うことで、なんとかすべてを訪問する日程を組みました。
最初は週1~2校で済みましたが、先週は月~水に3校訪問し(うち2校は訪問後に大学に戻り)、木金授業で土曜は学会。
そして今週は、月曜授業から、そのまま2泊の出張に出かけ(遠方のため前泊の必要な2校に2日連続)、木金授業で(あと団体交渉もあったかな)、まったく休めないまま土日は東京で学会というスケジュール。
さらに来週からはリレー講義で自分の担当(11週目~最終週)が回ってくるため1コマ増で8コマ。新カリ科目の準備が自転車操業であることに加え、このリレー講義も専攻カリキュラムに生じた偏向をせめて私の担当科目内で少しでも是正すべく今年から専門外のネタを仕込むため、準備に追われています。
さすがにどこかに休みを入れないと、このままでは早晩行き詰まるだろうな、と思っていました。

とはいえ、そんな儚い願いは実現できるあてもない揮発性の妄想としてすぐに忘れ去り、なんとか帳尻を合わせつつ日々を過ごすことになるのが常です。しかし今回は、きわめて例外的かつ不本意な形で、それが叶うことになりました。
詳しくは書けませんが、昨日からしばらく休養を取らざるを得ないような身体的な状態に陥ってしまい、木曜に復帰できることを目指します。
昨日は日曜のため、救急病院に行ってきましたが当番医が専門外だったので応急処置にとどまり、今日、改めて検査。そのため、今日、初めて授業を休講にしました。

2002年に非常勤講師として初めて大学の教壇に立ち、その年に1回休講をしましたが、自己都合による休講はそれ以来ですね。
といっても、最初の非常勤先での休講は、まだ大学が牧歌的だった時代の名残で、特に理由もなく休講するという文化が残っていた時期なので、病欠ではありません。
それを除いては、授業に穴を空けたのは、大学教員生活15年目にして今日が初めてでした。授業以外の業務ならば、何度か病欠その他がありましたが、授業だけは絶対に休まぬようにしていたのに、残念。できれば、これを最後にしたいものです。

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »