« 合同例会でのできごと | トップページ | 裏口人事反対闘争(1) »

2017年12月31日 (日)

ブラック企業大賞

ブラック企業大賞、今年はアリさんマークの引越社でしたね。
過労死ラインを遥かに超過した労働時間や、業務上の損害を社員に弁償させる制度(通称「アリ地獄」)等、労基法を無視した社員の酷使っぷりは有名ですが、それだけでなく、組合員への報復的弾圧という、あまりにも無知で幼稚な行為が不当労働行為と認定されているわけですから、まあ、妥当な結果でしょう。
使用者側の人間が労働者個人に対し、組合員としての行動を非難したり抑圧したりするのは典型的な不当労働行為なので、まともな企業であれば管理職の人間にそのあたりの教育はしっかりやっているはずです。団体交渉以外の場で、管理職が個人に対し組合絡みの話題を振るなんて、労組法を理解していれば普通は怖くてできないはずです。

しかし、アリさんに限らず、あるいは歴代の受賞企業、ノミネート企業に限らず、多くの企業で似たようなことがなされているであろうことは容易に推測できます。
ここにノミネートされた企業だけがきわめて悪質ということでなく、やはり報道されて有名になったということが大きいでしょうね。
大企業でも、使用者側が労基法や労組法に無知であるということがよくあるのですから、中小企業ではなおさらでしょう。これは労働者側についても言えることで、自分が違法な労働を強いられていることを自覚していないというケースも多いと思われます。
また、たかの友梨ビューティクリニックの社長が組合員に圧力をかける際に言ったという「労基法どおりにやったら、うち潰れるよ。いいのそれでも?」という言い回しは、おそらく多くの経営者にとっての常套句でしょう。呆れることに、かつて本学でも幹部クラスの人間が似たようなことを公の場で口走りました。本音としてはそうなのかもしれませんが、使用者側の人間が絶対に言ってはいけないこの言葉を労働者に向けて発するというのは、あまりにも無責任でしょう。
エイベックスの社長がブログで、「好きで仕事をしているんだから、それを抑えようとする労基法は時代に合わない」などと放言したというのも呆れた話ですが、それ、労働者側が言うならまだしも、使用者側が言ったらおしまいですよ。社長としての自覚ゼロですね。

高野や松浦が無知で無責任であることは間違いないのですが、しかし、こういう認識を持つ人は、使用者側だけでなく、労働者側にも多いでしょうね。
要するに、勤勉を美徳と考える思想です。
何を隠そう私もそう考えていました。というか、いまだにその思想を完全に払拭することができずにいます。

例えば教員だと、「生徒(学生)のため」という魔法の言葉で、無限の労力を費やすことを強いられ、あるいは自ら進んでそういうことをする人が少なくありません。それが“よい先生”であるというイメージが作られてきて、そのイメージを求めて教員になったという人もいるでしょう。その種の熱血教師像は、個人の経験や見聞、あるいはそれを理想化するような種々の言説やストーリーにより、広く社会に浸透しており、教員とはかくあるべしという共同幻想が教員を縛ります。教員は、生徒(学生)のため滅私奉公で働くのが当たり前という認識を、周囲だけでなく教員自身も持っているため、この呪縛から抜け出すのは容易なことではありません。
例えば、中高の部活の顧問。こんな、どう考えても明白な労基法違反の業務が、これまでずっと問題にならず、当然のこととして黙認されてきたことからも、この呪縛の強さがうかがえるでしょう。
確かに私だって、かつて『スクール・ウォーズ』を観て涙した人間です。しかし、あれを労働という観点から考えたら、とんでもないことですよ。教員としての通常業務(こちらはほとんど描かれていませんでしたが)に加え、部活の指導に自分の生活のすべてをつぎ込むわけですからね。無報酬で。
あれを観て感動するのは自由ですし、滝沢賢治が残業代を請求する姿は私もあまり見たくありませんが、だからといって、教師たる者、あそこまでやるのが当然だと保護者が思い込んだら大変です。ものすごい要求をしてくるのではないかと恐れます。
ところが現実はさらに過酷で、保護者どころか、教員自身もこういう熱血教師像をどこかで理想視していたりするので、部活の顧問をしろと言われても、「この業務は任意ですよね?」とか「正当な残業代は支給されるのでしょうか?」とかいう、労働者として当たり前の要求すらしようとしません。また、疑問に思ったとしても、簡単には言い出せないでしょう。
一昨年、この理不尽な業務を疑問に思っていた教員たちがついに声を上げ、部活問題対策プロジェクトが立ち上がりました。しかし、いまだに偏見が多く、教員以外の立場から無責任に「教師が部活の顧問を拒否するなんて、とんでもない」とかいう意見もあり、また、現場でも多くの教員に顧問をさせなければ立ちゆかない状況なので、改善されるまでにはまだまだ時間はかかるでしょう。それでも、問題が可視化されただけでも進歩です。

部活に限らず、教員は生徒のすべてに責任を持ち、そのためには全人格労働も厭わないという考え方。中高の教員とは本来まったく異なる業種である大学教員にも、この種の理想の教師像が求められ、教員自身もそう思っている節があります。
確かに、卒論その他、学生指導は時間決めでは対応できない部分があります。そこを「時間外労働はしません」とスッパリ切ることは、あまり現実的ではありません(そういう人もいますけどね)。
また、研究については、どれだけ多くの時間を投入しても「これでよい」という限度はありません。
ただ、その延長線上で、教育・研究以外の業務でも全人格労働が当たり前という感覚になってしまうと厄介です。多くの大学は裁量労働制なので(うちは就業規則上は違いますが、事実上は)、それを悪用して教員に無限の雑務を押しつけるところも少なくないでしょう。教員側も、それを疑問に思うどころか、やるのが当たり前と思い込んでいたりすると、大学側にしてみれば、そういう自ら進んで奴隷になってくれる人たちの存在はありがたいことでしょう。そのうえ、「これは教員の仕事じゃないのでは?」という声を上げる人がいたとしても、同調圧力で自動的に抑えこんでくれるのですからね。
確かに、雑務と呼ばれるような仕事でも、自分の大学のためと考え、あるいは職人的なこだわりで、時間や労力を度外視してでもやるという人はいるでしょう。立派なことです。
しかし、それを誰かに強要することはできません。違法行為です。

どんな業種であれ、働いたら働いた分だけ成果が上がり、それが組織のため、顧客のため、社会のためになったりする、という面はあるかもしれません。そして、それにかける情熱は尊いものです。
しかし、それはあくまで適法の範囲内でなければいけないわけですよ。
頑張ることを美徳と見るのはいいでしょう。自ら進んで無償労働を引き受ける姿は、なぜか我々の目に美しく映ってしまいます。
でも、無償労働を強要した時点で、違法ですよ。こんな当たり前のことがなかなか受け入れられないのは、世界的にも労働時間が長い(わりには生産性が低い)日本人の精神風土にもかかわるのでしょう。

ブラック企業は、なにも特別な組織ではありません。
勤勉をよしとし、成果よりも努力を評価するという思想を我々が持っている限り、多くの組織がそうなる可能性を孕んでいます。
頑張る自分に酔うことはけっこうですが、それを他人に求めた時点で迷惑だということを自覚し、自己満足にとどめておくのがよいでしょう。難しいとは思いますが、まずはこれを打破してゆくことが重要だと思われます。

|

« 合同例会でのできごと | トップページ | 裏口人事反対闘争(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 合同例会でのできごと | トップページ | 裏口人事反対闘争(1) »